Google、「最も影響力あるブランド」にという記事より。

brandchannel.comは1月23日、2005年の「最も影響力あるブランド」調査結果を発表した。

99カ国2,500人以上の投票により決定したそうです。順位は以下のようになっています。

1位 Google
2位 Apple
3位 Skype
4位 Starbucks
5位 Ikea
6位 Nokia
7位 Yahoo!
8位 Firefox
9位 eBay
10位 ソニー

8位にFirefoxがいるのを見ると、なんとなくgeek入った人たちが回答しているんではないかという気もしないではないですが、それにしても1位 Google、2位 Appleという結果は個人的には非常に嬉しいです。3位 Skypeも最近使い始めましたしね。

ちなみに2004年の1位はAppleでGoogleは2位でした。2004年には6位 Miniや7位 Coca-Colaもいます。

■関連記事

世界ブランドランキング、Googleがトップに返り咲き、Skypeにも注目

地域別では、ヨーロッパ地域で過去2年間ランクを落としていたNokiaが1位となった。2位は過去2年連続で1位だった家具チェーンのIkea、3位が初登場のSkypeとなっている。一方、過去2年連続で2位だったVirginがトップ10から姿を消した。

ブランド力:グーグルが首位奪還、スカイプ3位に初登場

地域をアジア・太平洋に限定すると、『ソニー』が5年間で4回目の王座を獲得。『トヨタ自動車』が4位から2位に上昇し、韓国『サムスン電子』が3位に下がった。