超有名サイトもサーチエンジンで検索する人が多数存在、米調査結果という記事より。

2005年11月に最も多く検索された語句は、トップが「ebay」の1,390万リクエスト、2位が「google」の1,330万リクエスト、3位が「yahoo」の800万リクエストと続く。

なんと「上位10語のうち5語はサーチエンジンの名前だった」そうです。しかし、驚くことではないですね。確か日本でも同じような状況だったはず。Yahoo! でGoogleを検索してしまう、みたいな。

「WebサイトのURLをブラウザのアドレスバーに入れる代わりにサーチエンジンに入力するインターネット検索者には、2つのタイプがある。両者の違いを理解できないほど経験がない人たちと、あまりにも経験がありすぎてインターネットのポータルとしてサーチエンジンを使うことが習慣化している人たちだ」

ぼくは会社と自宅のPC環境が違うということもありますが、ブラウザのブックマーク機能というのは一切使いません。基本はGoogleに聞きます。あとはRSSリーダで読めるサイトが増えたというのもありますね。

とにかく何でも検索窓で聞いてしまいますね。