Firefox、バージョン1.5の登場でブラウザシェアを順調に伸ばすという記事。

Net Applicationsの最新データによると、2005年11月のブラウザシェアはInternet Explorerが86.08%、Firefoxが8.84%、Safariが2.78%、Netscapeが1.25%、Operaが0.53%、その他が0.43%だった。

10月の調査結果と比較すると、

・Internet Explorer -0.44ポイント
・Firefox +0.25ポイント
・Safari +0.22ポイント

ということで、順調にFirefoxのシェアが伸びているという調査結果です。バージョン1.5が一役買っているのではないか、と分析されているそうです。Googleのアフィリエイトも大きいかもしれませんね。10%ももうじきかもしれません。