ネット検索、ウェブ利用活動の第2位へ-米調査という記事より。

最新調査から、検索エンジンを利用してあれこれ検索することが、ウェブで2番目に頻繁に行われる活動だということが明らかになった。

1位はメールで、約52%だそう。2位が検索。3位にはウェブでニュースを読むこととなっています。

Nielsen/NetRatingsの最近調査によると、Googleは検索分野で約46%のシェアを占め、23%の業界2位のYahoo Searchを2倍も引き離しているという。

GoogleはYahoo! の2倍ですか。ということで、せっかくGoogle Analyticsを入れているので、ネタフルの現状も見てみましょう。

11月15日から11月23日までの短期間ですが、

・Yahoo! 33.30%
・Google 30.77%
・direct 13.23%

となっています。GoogleがYahoo! に肉薄!

ついでに、

・新規訪問ユーザ 80.62%
・リピート訪問ユーザ 19.38%

という感じで、新規訪問者が約8割を占めています。

さて、自分が「ウェブ利用活動」で何しているかな? と考えると、圧倒的にこうしてブログを書いている時間が長いですね。

■関連記事

電子メールに迫る検索エンジン

検索に次いで3位に入ったネット活動は「ニュースを読む(46%)」、その次は「仕事関連の調査(29%)」「インスタントメッセージング(18%)」「オンラインバンキング(18%)」。「ブログを読む」「ネットオークション」はそれぞれ3%だった。