デジタル音楽の売上比率が1年で3倍に拡大~IFPIの2005年上半期調査という記事より。

調査によると、全世界における2005年上半期の音楽売上は132億ドルで、前年同期の134億ドルに比べて1.9%減少した。これに対してデジタル音楽は2億2,000万ドルから7億9,000万ドルへと増加。

この調査でのデジタル音楽には、

・楽曲ごとのダウンロード販売サイト
・購読制会員サイト
・携帯電話によるダウンロードや着メロサービス

が含まれているとのこと。売上のほとんどは米国、日本、英国、ドイツ、フランスという上位5カ国で占められているということです。

デジタル音楽は全音楽売上のうちに占めているのは6%とまだ少ないですが、比率はこの1年で3倍に拡大しているということで、今後さらに拡大していくのは間違いありません。

日本での特徴は「売上の96%が携帯電話によるもの」ということだそうです。これは着うたなんでしょうが、デジタル音楽全体の売上が1億3,340万ドルですので、凄く売れているんですね。

一方で、CD、DVDなどのメディアは販売数が6.9%の減少、売上高も9.2%の減少となっています。