グーグル、米検索市場で引き続きトップシェアを獲得 7月は36.5%だそうです。

Googleが7月に行われた全検索の36.5%で使用され、引き続き米国検索業界でトップの市場シェアを獲得していることが、米国時間19日にComScore Media Metrixが発表したデータから明らかになった。

後につけているのは、

2位 Yahoo! 30.5%
3位 MSN 15.5%
4位 AOL 9.9%
5位 Ask Jeeves 6.1%

です。GoogleとYahoo! で60%以上を占めています。MSNは少し離されている感じがしますが、前年同月比30%増で頑張っています。

Googleはツールバーも人気で、ツールバー経由の検索の51%がGoogle製だったそう。また「米国内の情報を求めて行われる検索のうち、11%がツールバーを使って行われた」そうです。

やはりアメリカではGoogleが強い、という調査結果でした。