「音楽販売低迷はPtoPのせいとは限らない」,OECDの調査という記事より。

音楽販売全体の売上高は1999〜2003年にかけて20%落ち込んだが,OECDは「ピア・ツー・ピア(PtoP)と音楽販売低迷の因果関係を証明することは難しい」と指摘している。

経済協力開発機構(OECD)が、オンライン音楽配信とそれが音楽業界に与える影響について調査した結果を発表したものです。P2Pと音楽販売低迷の因果関係を証明することは難しい、と指摘しています。

ただし「デジタル海賊版がオンライン・コンテンツ市場の成功を妨害している可能性はある」とし、「ライセンス形式のファイル共有や新しい形態の配信が発展すれば,不正使用は減少するかもしれない」とも述べています。

音楽業界が売上減少をP2Pにせいにすることはできず、あくまでもデジタル海賊版に問題がある、ということのようです。

音楽配信の利用状況、iTMSが2位という調査結果もありましたが、「ちゃんと使いやすいものを提供すれば、有料の音楽配信サービスは利用される、ということが実証」されているんですよね。

やはり、デジタル海賊版を減らすための施策が重要なんだと思います。