米国人、休暇中でもメール漬けだそうです。

米国人は、休暇中だろうが、運転中だろうが、寝起きだろうが、頻繁に電子メールをチェックしていないと気が済まない・・・America Online(AOL)が米国時間26日に発表した調査結果から、米国人ユーザーのこのような姿が浮かび上がった。

この調査から、アメリカ人は1日平均5回はメールをチェックしており、また25%はメールのない生活を3日以上は続けられないと回答しているそうです。

・電子メールのアカウントを複数もっている人 77%
・モーニングコーヒーよりもメールが優先の人 41%
・プライベートのメールを職場でもチェックする人 47%

などの結果で出ており、さらに6割の人たちは休暇中もメールなしでは過ごせないと回答しているんだとか。

でもこれがメール漬けだったら、携帯電話を常時携帯していれば、それも携帯電話漬け、ということになりそうです。

メール漬けでちょっと困った感じがするのは、休暇中に仕事のメールが届き、せっかくの休みなのに作業をしなければならないという状態なのではないでしょうか。仕事熱心とも言えますが、周りの人からすれば休みの時くらい‥‥ということなんでしょう。これはメール漬けというよりも、仕事漬けです。

ぼくは3日くらいなら全くメールは読まなくても平気だと、最近の自分調査で明らかになっています。あなたはどうですか?