ドイツでは20%以上、日本では3%未満に〜Firefoxシェアに明暗という記事より。

WebSideStoryでは、ドイツと日本のシェアも発表。ドイツではFirefoxが22.58%のシェアを確保しているのに対して、日本でのFirefoxシェアは2.79%と低迷。反対に、日本ではIEが93.92%と圧倒的なシェアを占める一方、ドイツでは69.45%に止まった。

このように大きな差が開いていることで、WebSideStoryでは「長年の偏見」が要因と指摘しています。

「例えば、ドイツのユーザーはNetscapeのころから、Microsoft製品の代替製品を支持してきたが、日本ではいつもMicrosoftの技術を完全に取り入れてきた」

確かにそれはありますね。与えられたものを使い続ける、反骨精神(?)‥‥これって、国民性なんでしょうかね。

ちなみにアメリカではFirefoxは1.06ポイント増加し6.75%に、IEは0.99ポイント減少し88.86%となっているそうです。

■関連記事

Firefoxが米独で勢力拡大。日本はIEびいき?

ブラウザ利用に占めるシェアは、米国ではFirefoxが引き続き勢力を伸ばして7%近くに達し、Internet Explorer(IE)の減少が続いているのに対し、日本ではまだIEが圧倒的であることが、WebSideStoryがこのほど発表した統計で分かった。