日本の情報通信インフラは偏差値59.8で世界第1位~総務省が23カ国を比較という記事より。2位は韓国、3位はアメリカ、4位シンガポール。

調査は、国際機関などが公表しているデータをもとに23カ国のデータを偏差値化したもの。各項目における日本の評価は、「市内電話料金」が偏差値59.0(2位)、「ブロードバンド料金」が94.9(1位)、「ブロードバンド速度」が88.1(1位)、人口あたりの「安全なサーバー数」が45.9(14位)、「3G携帯比率」が60.7(2位)、「携帯電話普及率」が44.7(19位)、「インターネット普及率」が53.7(11位)、「ブロードバンド普及率」が55.0(6位)、「インターネットホスト数」が49.4(10位)、「ICT投資割合」が46.2(14位)だった。