Mozilla系ブラウザが欧州でシェア1割を確保、IEの広告クリック率は激減というニュース。

広告配信会社の独ADTECHは21日、Mozilla系ブラウザが欧州市場におけるシェアを1割程度にまで伸ばす一方、Internet Explorer(IE)利用者の広告クリック率がMozilla系ブラウザに比べて激減しているとの調査結果を発表した。

2005年3月時点の具体的なシェアは次のようになっているそうです。

・IE 6.x  80.25%
・IE 5.5  3.59%
・IE 5.0  2.98%
・Firefox 1.0  8.96%
・Mozilla  1.14%
・Opera  1.12%
・Netscape 7.x  0.71%

IE系が86.82%、Mozilla系が10.1%となっています。Firefoxの10%に迫る勢いのシェアは凄いものがありますね。2004年11月には5.5%だったそうなので、倍増する勢いで増えていることが分かります。

調査では、各ブラウザ利用者における広告のクリックレートも比較しているが、注目されるのはIE利用者におけるクリックレートの激減だ。IE 6.x利用者のクリックレートが2004年11月には0.44%だったのに対して、2005年3月には0.24%とほぼ半減した。IE 5.5や5.0でもこの減少傾向は顕著である。一方でFirefox 1.0利用者のクリックレートはこの4カ月で0.11%のまま変化せず、Mozillaでも0.24%から0.2%へと微減するに止まった。

この原因は「11月というクリスマス商戦前の時期の影響と年初めに見られた住宅広告の増加が引き起こしたもの」と分析されています。