2013 11 26 2048

大関・琴欧州が、帰化申請をしているということでニュースになっていました。日本名を「安藤かろやん」として、申請することを検討しているのだそうです。琴欧洲、帰化申請中!日本名は「安藤かろやん」という記事になっていました。

日本への帰化申請をしているブルガリア出身の大関・琴欧洲(30)=佐渡ケ嶽=が日本名を「安藤かろやん(漢字は考え中)」で検討していることが23日、分かった。

かろやん!

「かろやん」と聞くと、ある世代以上では育毛剤を連想すると思いますが、しかし琴欧州の本名が「カロヤン・ステファノフ・マハリャノフ」で、知人からも「カロヤン」で親しまれているのだそうです。

「○○やん」というのは、日本語の語感的にもかわいいですし、日本人にも分かりやすいので良いのでは、と思います。ちなみに、あてる漢字は検討中ということですが、ひらがなのままだと難しいのでしょうか?

なお、名字の「安藤」ですが、こちらは麻子夫人の旧姓が「安藤」だからだそうです。

「親方になるために申請しました。今は許可されるのを待つしかない。幸運を祈ってます」ということで、将来的には日本で親方になる希望を持っているそうです。

大相撲の力士は皆、日本語がペラペラな印象があります。だから、琴欧州の帰化もスムーズに許可される気がしますが、どうでしょうか。

ネタフルでは、琴欧洲、ブログ開設という記事を書いていました。2008年のことです。

■関連記事

琴欧洲、日本国籍の取得申請 引退後は親方を希望

日本女性と結婚している琴欧洲は、現役引退後に親方として後進の指導に当たることを希望している。協会の規定で、年寄名跡を取得するには日本人でなければならず、そのための国籍取得を申請した。