A1180 009164

アメリカの女性遠泳選手ダイアナ・ナイアドさんが、キューバからフロリダまで、177キロの遠泳に成功したそうです。泳いだ後に発した「三つのメッセージ」に感動したのでご紹介です。64歳女性がキューバから177キロ遠泳という記事になっていました。

米国の女性遠泳選手ダイアナ・ナイアドさん(64)が2日、キューバから米フロリダ州まで177キロの遠泳をサメよけのかごに入らずに初めて成功させた。

サメをよけるためにカゴに入って泳ぐこともあるそうですが、ダイアナ・ナイアドさんはそれを使わずに泳ぎ切りました。

一般的に、ボートが引くカゴの中で泳いだ方が楽と言われるそうなので、より難しい方法で泳ぎ切ったということですね。かかった時間は約53時間でした。

なお、サメよけのかごを使わない代わりに、同行するスタッフが電気を発生させる器具でサメを遠ざけていたそうです。

さて、ダイアナ・ナイアドさんが泳ぎ切った後に発した「三つのメッセージ」がこちらです。

「まず決して、決して諦めちゃいけない。次に、夢を追うのに年齢は関係ない。そして、これは独りのスポーツに見えるけど、チームで取り組んだもの」

ダイアナ・ナイアドさん自身、1978年に初めてキューバからフロリダの遠泳に挑戦して以来、昨年まで4回失敗しているのだそうです。つまり、35年越しの夢が叶ったということなのですね。

年齢も64歳ですから、決して若くはありません。でも、失敗しても諦めないこと、何歳になってもチャレンジできることを、身をもって証明したことになります。非常に勇気づけられました。

そして「独りのスポーツに見えるけど、チームで取り組んだもの」というメッセージ。泳いだ人だけフォーカスされがちですが、もちろんこれだけの取り組みは一人では成し遂げられません。チームあってこそ、その気持ちを忘れないということですね。

・決して諦めない
・夢を追うのに年齢は関係ない
・チームで成し遂げたこと

勇気が湧いてきますね!!