2011 10 28 1117

北海道日本ハムファイターズが、10月27日に行なわれたプロ野球ドラフト会議で、なんとソフトボールの選手を7位指名しています。

ハムがソフトボール選手指名/ドラフトという記事になっています。

日本ハムがドラフト1位東海大・菅野に続いて驚きの指名を行った。ドラフト7位で早大ソフトボール部の大嶋匠捕手(4年=新島学園)を指名した。

指名されたのは、早稲田大学ソフトボール部の大嶋匠捕手です。キャッチャーなのですね。

群馬県出身で180センチ、95キロの大型捕手。右投げ左打ち。今季の公式戦では13試合連続本塁打を放つなどオリックスのT-岡田のような打撃スタイル。パワーと俊敏性、ゲーム勘に優れる。08年には19歳以下の日本代表に選出され4番を務めた。10年にはアメリカで行われた23歳以下のワールドシリーズで優秀選手賞を受賞。

ソフトボール選手としての経歴はもちろん凄いのですが「硬式野球の経験はない」ということです。

硬式野球の経験はないけれど、捕手としてならば、というところがあるのでしょうかね。それとも、打撃を買われての入団で、野手転向とかもあったりするのでしょうか。

どんな活躍を見せてくれるのか、楽しみですね!