2010-04-09_1727.png

関西独立リーグで初の女子プロ野球選手となった吉田えり投手が、アメリカの独立リーグ「ゴールデン・ベースボールリーグ」に所属する「チコ・アウトローズ」に入団することをブログで発表しています。

「長い時間、いろいろと悩みましたが…今しか出来ないこと、このチャンスを逃したくないと思いました」と吉田えり投手。

アリゾナウインターリーグに参加するなどして「本物のナックルボーラーになりたいという気持ち」が強くなったそうです。

吉田えりが米独立リーグと契約合意によると、

吉田は今年1月から米アリゾナ州でのウインターリーグに参加。所属していたユマ・スコーピオンズの開幕投手に抜てきされ、2度目の先発では4回無失点でプロ初勝利をあげた。

ということで、その後「チコ・アウトローズ」からドラフトで指名されていたそうです。すごいですね、アメリカでプレイですよ。

■関連記事

えりちゃん、米独立リーグ・チコに入団決定

吉田が入団することで、米国の男子プロリーグでプレーする初の日本女子選手が誕生。吉田は「日本で、みなさんに恩返しが出来なくてすみません。本物のナックルボーラーになりたい。夢に向かって一生懸命、頑張ります」と新天地への決意を語っている。