2010-04-02_1412.png

フィギュアスケート女子の村主章枝が、PR会社「サニーサイドアップ」に入社しました。↑はトリノオリンピックのプロフィールですが、当時は所属先がエイベックスでしたね。

フィギュア・村主が入社式「何でもやる」という記事によると、20代前半の新卒5人と一緒に、入社式に臨んでいます。

村主章枝は「現役選手と二足のわらじは大変だけど、何でもやる。(同社がマネジメントする女子プロゴルファー)上田桃子さんのキャディーバッグだって運びます」とアピールしています。

競技継続のためのスポンサー獲得については、既に10数社からのオファーが届いているということで、年間2,000万円の活動費のめどは立っています。

なお、サニーサイドアップは年俸制でこちらの年収は約300万円とのこと。

確認したところ、オフィシャルサイトはアクセスできなくなっています。これは一時的なものなのか、それともサニーサイドアップ入社と何か関係があるのでしょうか。

「サニーサイドアップ」については、ネタフルでは次のようなエントリーを書いています。

「サニーサイドアップ」ヘラクレス上場へ
北島康介は「サニーサイドアップ」の株主
「サニーサイドアップ」初日はストップ高
「サニーサイドアップ」東京ヴェルディの株式50%以上を取得へ?

中田英寿を始め、為末大、大黒将志といったアスリートに加え、フードファイター小林尊、大黒摩季、前園真聖らのマネジメントも手がけています。ヘラクレスに上場しています。

今回の村主章枝の入社について、次原悦子社長はツイッターで次のようにコメントしています。

ある日フィギュアの村主章枝が会社にやってきた。マネジメントの依頼なら断わろうと思っていた。来社の目的は事業提案だった。現実を受け止め、打開策を打てるアスリートは少ない。共感した。というわけで今日から彼女はサニーサイドアップの新入社員。

「サニーサイドアップ」への入社もPR的な位置づけなのかもしれませんが、ぜひ競技との二足のわらじを頑張って欲しいですね。

次原社長は「でも会社でのメイクは薄めにね。笑」というアドバイスも行っています。

サニーサイドアップの仕事術 (単行本)

4822243664

■関連記事

村主社員スケーター、早くも名刺交換

スポンサー探しのためにマネジメント会社数社を訪問、サニーサイドアップに社員として入社することを決めた。「自分の生活基盤をしっかりさせるために入社させてもらいました。ホッとしているのが正直な気持ち」と、就活成功に笑顔を見せた。

“二足のわらじ”村主ソチへ意欲

「生活基盤をしっかりさせたくて入社した。現役との二足のわらじは大変だけど何でもやる」。14年ソチ五輪を目指し、約2千万円の年間活動費を支援する企業探しは継続。十数社からオファーがあり「4月中には決めたい」と説明した。

村主も1年生!“中田氏事務所”入社式

年俸制の同社の1年目の年収は300万円ほど。「生活の基盤はできた。新入社員として何でもやるつもりです」と話し、出来上がったばかりのスポーツマーケティング事業部の名刺を報道陣と交換した。

村主、現役続行へ=10社以上から支援申し出-フィギュア女子

村主は4月からPRマネジメント会社に入社。社員として働く一方、新たな所属先の選手としてフィギュアスケートを続ける。4年後のソチ五輪も見据え、当面の目標を「来年3月の世界選手権(東京)で表彰台に乗りたい」と語った。