ホンダ S2000、生産終了へという記事より。

米国ホンダは26日、2009年モデルをもって『S2000』の販売を中止すると発表した。6月末をもって鈴鹿製作所での生産を終了する。1999年のデビューから10年で、その歴史に終止符が打たれることになる。

ホンダのスポーツカー「S2000」が、2009年モデルをもって生産終了することが明らかになりました。1999年の発売開始から10年の節目です。

S2000はホンダの創業50周年を記念するスポーツカーとして1999年に発売。『S600』、『S800』など往年のホンダスポーツの血統を受け継ぐモデルとして誕生した。

ホンダにとって、約30年ぶりのFR駆動車だったというのもすごいですね。エンジンも専用開発されたものでした。

S2000は世界64か国で販売され、1999年からの累計セールスは11万台以上に到達。このうち、米国は6万5000台以上と過半数を占める。

アメリカでヒットしていたのですね。ただし、最近の経済情勢もありまして、落ち込みもすごかったようです。2008年は前年比41%減です。

「NSX」後継車開発中止に続いて「S2000」も、ということになります。ホンダスポーツとして残るのは「シビック TYPE R」だそうです。

1/24 スポーツカー ホンダ S2000 タイプV 24245

1/24 スポーツカー ホンダ S2000 タイプV 24245