近所のバイクショップにスズキ「アドレスV125」を見に行ったら、隣にあったのがヤマハ「グランドアクシス」でした。

2009-01-19_1206.png

デザイン的に超スクーター然している「アドレスV125」よりは、タイヤのインチも大きい「グランドアクシス」の方が見た目は好みな感じ。

価格も「アドレスV125」の22万円くらいに対して「グランドアクシス」は18万円くらいなのですよ。かなりお得。

ただそれにはもちろん理由があって、

・排気量が125ccと100cc

という明確な排気量の違いの他、いろいろと調べてみるとコチラで言われるように、

・遅い
・壊れる
・オイル食い

というあまりよろしくない面もあるようなのです(2サイクルなのでオイル食いらしい)。

ココでも酷評されています。埼玉スタジアムの往復に使いたいので基本はタンデムなのですが、これは「アドレスV125」よりも「グランドアクシス」の方が広いのです。しかし‥‥

シートの長さだけは足りる。しかしリアステップが目を疑うほどに幅が狭く、パッセンジャーの快適性・安全性を全く考えていない。よほどシート長に余裕がない限り、パッセンジャーはライダーのケツを挟むようにして着座する。すると必然的に股が開くわけだが、リアステップの幅はフロアの幅しかないから、膝下は内側に畳まなくてはならない。結果、ステップに体重が乗らず不安定な姿勢となる。

な、悩ましい‥‥。デザインも10年くらい変わっていないみたいですね。

一方同じサイトで「アドレスV125」は高評価です。ただし、タンデムに関しては、

小ぶりな後席だが着座位置がV100よりわずかに後方にシフトして窮屈さが減った。後席ステップは収納式で運転者が地面に足付く際にも互いの足がぶつかりにくいし、両グレード共にアシストグリップもある。快適に2ケツするための最低限の要素は備えている。しかしシートの長さが絶対的に不足している。この密着度はできたてのカップルでない限り、かなり暑苦しい。

と、当然のことながらなかなか微妙な感じに。原付を一回りくらい大きくしたサイズなので、当然といえば当然ですが。

まあ他にもいろいろググったりしたのですが、だいたいは走りに付いても「アドレスV125」が高評価でまとまっています。

タンデムを考えれば「シグナス」とかになるのでしょうが、そうなると当初の目的である取り回しの良さ、がねぇ。だったら「アドレスV125」って話ですか。

とか考えていると、もしかするとホンダ「リード110」なんじゃないか!? って気もしてきた。

2009-01-19_1219.png

これならタンデムもしやすそうだなぁ。ヘルメットも二つ収納できるのか! これはすごい。

例のサイトでレビューを読むと‥‥

一方で後席居住性はこのサイズのスクーターの中では一番と言える。シート表皮のグリップ、シート長の余裕、シートの硬さ、いずれもいい具合である。後席はキャリアの淵がグリップとして握りやすいし、やっと収納式ステップを採用して同乗者の股の負担が減った。

タンデムはなかなか良いらしいです。「一家に一台あれば買い物に、送迎にと活躍できるファミリーバイク」との評価。一方で単独使用なら「アドレスV125」がお薦め、と。

もう一度、実物を見に行くかなー。ユーティリティーで使い勝手が良さそうだけど、その分、大きくて、値段も高いですしね。