ホンダ、NSXの後継車開発中止という記事より。

ホンダは17日、高級スポーツカー「NSX」の後継車の開発を中止することを明らかにした。景気悪化を受け、経営資源や人材を環境対応車の開発に振り向ける。

F1からの撤退を表明したホンダが、今度は「NSX」の後継車の開発を中止することを発表しています。

2008-12-19_1743.png

F1や「NSX」というのは技術開発ももちろん、ホンダのイメージにとって重要な部分だと思うのですが、そこから次々に撤退しなくてはならないほど、経営状況が厳しい、ということなのでしょうね。

NSXはアルミ製の車体やエンジンを車体の中央部に置くミッドシップが特色で、1990年に発売。本格的なスポーツカーとして人気を呼んだが、2005年末に生産を終えた。後継車は、V型10気筒のエンジンを搭載する予定だった。

高速道路で「NSX」の集団が隊列を組んで走っていくのを見たことがあるのですが、壮観でした。

1/24 EPSON NSX 2005

1/24 EPSON NSX 2005

■関連記事

ホンダ、NSXの後継車を開発を中止

北米への輸出車の生産台数が落ち込んでいる埼玉製作所(埼玉県狭山市)をてこ入れするため、来年春から米国、カナダ向けの小型車「フィット」を生産する。