昨日はバイク買取のBに持ち込み、今日は朝からバイクワンに来てもらいまして、査定の結果は33万円ということで買取をお願いしました。

Bでは27.8万円提示だったことを考えると、売る側としてはバイクワンが遥かにありがたい訳ですが、オークションに流すのと、自社で売るのと、そのあたりに違いがあるようです。

いろいろ分かったこと。

・オークションより自社販売の方が高額買取できる
・ビッグスクーターブームは下火になりつつある
・人気のカラーは黒か白(パーツが多い)
・カスタムバイクが高額買取(いいマフラーとか)
・冬より夏の方が相場が高い
・ビッグスクーターを手放す人が増えつつある

マジェスティーの買取は40万円を割ることはなかったものの、最近は40万円を切っているそう。年式が古めのフォルツァは販売価格が40万円を切るみたいです。

ビッグスクーターブームが下り坂になっている理由として、若者が乗っていたけれど、その分、飽きるのが早いということがあるみたいです。

交渉術という訳ではないですが、分かったこと。

・査定の見積もりはもちろん複数取った方がいい
・最初に提示される金額は買取金額ゾーンの下ぎりぎり
・売却希望価格は高めに

まあ、どれも当たり前のことではありますが。

あと面白かったのですが、買取にあたってBでは一切、エンジンをかけて具合を見ることがなかったのですが、一方のバイクワンでは細かく確認していました。

そしていずれもある程度のデータ(傷の有無、走行距離等)を本部(?)に報告し、そこから相場が電話なりで伝えられる、という仕組みを取っています。

バイクワンに決めたのはBより高額だったということもありますが、来られたスタッフがとても感じ良かったのですね。「お任せするか」という感じでした。

流れとしては、訪問から20分ほどで査定が終了し、そこからどうするか検討。売却が決まれば書類にサイン。1週間ほどで諸々の手続きが終わり書類が届くということです。実質、1時間くらいでしょうか。

ということで、今回は現金払いで手元に33万円が残りました。今度は「YW125T BW'S Fi」を、もう一度じっくりと検討することになりそうです。

■関連エントリー

「YW125T BW'S Fi」に乗り換えようかどうしようか
「FORZA」を買取査定に持ち込んでみた