清原和博が「兄貴」と慕った長渕剛が、引退セレモニーで「とんぼ」を熱唱しております。

清原和博のために、歌います。

これほど「兄貴」という呼び名が似合う男もそうはおりませんな。

ギター一本で弾き語りする長渕剛。長渕剛の後ろで、涙が止まらない清原和博。

やがて歌うことを止め、ギターを弾くことも止める兄貴。スタジアム内、大合唱。肩で息をする兄貴。

舌を出してぇえぇえぇえぇ、笑ってるぅぅぅぅぅぅ!

うわぁぁぁ!
うわぁぁぁ!

ぎゃあああ!
ぎゃあああ!

涙で顔がくしゃくしゃの清原和博。一瞬、映るイチロー。

清原は、どこへ飛んでいくんでしょうね。

とんぼ

とんぼ

■関連記事

長渕「とんぼ」に込めた 「僕はあんまり悲しくないんだよ」

「僕はこう受け止めているんだ。これから『とんぼ』は、お前の現役から生涯野球という“ページ”へと飛んでいく。今度は球界のリーダーとして引っ張っていくんだ。お前は野球人生への『極み』に入っていく。幸せ者だよ」

泣きじゃくる清原の頭なで抱きしめた兄貴…全身全霊かけた4万人と熱唱

全身全霊をかけたライブだった。セレモニーの前にはスタッフと一緒に円陣を組んでから、出陣。コンサートの前と準備は同じだった。その本気度は清原ファンの心を一つに結んだ。サビに入ると約4万人による「とんぼ」の大合唱。地鳴りのように響く歌声が場内を包んだ。

清原号泣!長渕剛が引退セレモニーで「とんぼ」絶唱!

そして清原は引退のあいさつを行い、グラウンドを1周して総立ちのファンに別れを告げた後、ホームベース上でオリックスナインに胴上げされ、5度宙に舞い、プロ23年のキャリアに幕を閉じた。