米ナイキ、選手用水着から撤退 スピード社に白旗という記事より。

AP通信は22日、米スポーツ用品大手のナイキがトップ選手向けの競泳用水着から撤退すると報じた。北京五輪などで英スピード社の「高速水着」を着た選手が新記録を連発したため、対抗していくのは困難と判断したもようだ。

ナイキが、トップ選手向けの競泳用水着から撤退するみたいです。原因はもちろんスピード社の水着で、対抗していくのが困難ということです。

トップ選手向けの競泳用水着から撤退するものの、学生や一般向け競泳用水着の販売は続けられるということです。

高額となりがちなトップ選手向け水着は、市場規模が限られる一方、ハイテク技術が求められるため開発費がかさむ。

トップ選手向けの水着開発からノウハウが一般向けにフィードバックされて‥‥というのがこれまでの流れだったと思うのですが「成長戦略と一致しないためトップ選手向け水着の開発には投資しない」ということです。

今後は、ランニング、サッカー、バスケットボールなどに投資を集中していくということですが、ナイキといえばそういったスポーツの印象が強いですし、撤退には良いタイミングだった‥‥のでしょうかね。

■関連記事

米ナイキがトップ選手用水着から撤退

北京五輪などで英スピード社の「高速水着」を着た選手が新記録を連発したため、対抗していくのは困難と判断したもようだ。

スピード社にナイキ降参…競技水着から撤退

今後はランニング、サッカー、バスケットボール、スポーツウエアなどに投資を集中していくという。