朝原ラストラン10秒37で3位という記事より。

男子100メートルは北京五輪400メートルリレーで銅メダルに輝いた朝原宣治(大阪ガス)が日本人トップの10秒37で3位となり、現役最後のレースを締めくくった。

今季限りでの引退を表明していた朝原宣治が、ラストランを10秒37で駆け抜けました。日本人トップのタイムでした。

北京オリンピックで銅メダルを獲得したリレーメンバーの塚原直貴は10秒39で4位、末続慎吾は4位、高平慎士は7位でした。

陸上選手、しかも短距離選手としては36歳というのは決して若くないと思いますが、それでもまだ日本人選手の中では存在感があるのですね。

現役引退の年に、オリンピックでメダルを獲得できるなんて、こんなに幸せなこともそうはないでしょう、きっと。

こんなに幸せな最後を迎えられる選手はそういない。僕は本当に幸せ者だと強く思う」と、最後に挨拶したそうです。

【朝原トーク】9秒台の夢はこれからの選手によると、

きょう9秒台が出せなかったこと。100メートルのファイナリストになれなかったこと

と、やり残したことについて語っています。「夢はこれからの選手に託したい」

■関連記事

朝原36歳涙のゴール

「年齢がいって涙もろくなった。(花束贈呈で)リレーメンバーがきてウルッとなった。ライバルであり、仲間の選手に送り出されて先輩として光栄でした」

朝原、ラストランは10秒37

陸上のセイコー・スーパー大会は23日、川崎市等々力陸上競技場で行われ、男子100メートルは北京五輪400メートルリレーで銅メダルに輝いた朝原宣治(大阪ガス)が日本人トップの10秒37で3位となり、現役最後のレースを締めくくった。