清原、現役最後の誕生日…41歳正式引退表明という記事より。

オリックスの清原和博内野手(41)が、41歳の誕生日を迎えた18日の西武戦(西武D)終了後、球団広報を通じ「自分にとって最後のシーズンの誕生日を西武球場で迎えることができて本当に感謝しています」と、今季限りでの引退を正式に表明した。

引退の意向を示唆していたオリックス清原ですが、正式に引退表明とも取れるコメントを発表しています。

「自分にとって最後のシーズンの誕生日を西武球場で迎えることができて本当に感謝しています」

「自分にとって最後のシーズン」ということで、今シーズン限りでの引退を決意したようです。

試合では7回1死二塁に代打で登場し、四球で出塁。代走を送られてベンチに戻る時、ファンの温かい拍手にヘルメットを脱いで応えた。

西武球場だけに、試合途中には西武時代の映像にハッピーバースデーの文字がバックスクリーンに流れたりもしたのだとか。粋な計らいです。

しんどい11連戦も…清原“ハツラツ”お別れ行脚という記事にもなっています。

おうワイや!清原和博番長日記―1997|05→2003|05

おうワイや!清原和博番長日記―1997|05→2003|05

■関連記事

オリックス清原正式に「最後のシーズン」

プロ23年目の清原は、昨年受けた左ひざ手術のリハビリを経て、今月3日に1軍に復帰した。既に「来季はグラウンドに立てないと思う」と今季限りで引退する意向を表明していた。