<スピード社水着>「速さは気泡による浮力?」元開発担当者という記事より。

なぜ速いのか? ミズノで素材開発を担当してきた企業セミナー会社代表の森健次朗さん(45)が、経験から分析した。森さんは、LRで泳いだ選手が一様に「体が浮く感じがした」と語ることに着目。「素材中の気泡により、浮力が出ているのではないか」と考える。

あくまでも想像からのコメントでしかないのですが、国際水泳連盟のルールで「浮力を付けてはいけない」と定められていることから、もし浮力が出ているのだとすると、ちょっと問題のような気もしますが。

しかし、浮力に関しては数値的な表記がなく、グレーゾーンなのだそうです。

「ルール解釈の部分で、(スピード社のように)踏み込めなかった」と国内メーカーの担当者は語っているそうです。

「LRはビート板の上で泳ぐようなもの」という表現は非常に分かりやすいのですが、浮力についての明確な基準がないと「競泳とは言えなくなる」というのは、その通りかもしれませんね。

■関連エントリー

水泳日本代表コーチ「スピード社の水着の速さは異常」
北島康介「レーザーレーサー」で世界記録