伊藤、新水着で“スピード効果”実感「新感覚でした」という記事より。

水泳・日大-中大対抗大会(17日、東京辰巳国際水泳場)北京五輪日本代表の伊藤華英(23)、森田智己(23)=ともにセントラルスポーツ、佐藤久佳(21)=日大=が、世界新記録を連発しているスピード社製の水着「レーザー・レーサー(LZR)」を試着した。

スピード社の水着を日本人選手が試着して泳いだのですが、やっぱり速かったらしいです。

ネタフルでは次のようなエントリーを書いています。

世界新を連発するスピード社の水着を調査へ
やっぱり速い! スピード社の水着
日本メーカー、スピード社の水着に勝てるか?
水着で速くなるならなぜ着ないのか!

日本記録に続く2番目の自己記録を出した背泳ぎの伊藤華英は、

「新感覚でした。とくにスタートのバサロキックが全然違いました」

とコメントしています。しかも、ただいま調整期間です。

スピード社の水着自体の数が少なく着回ししている状態で、特に採寸していない既製品ですが、それでも速いのです。

伊藤華英は「すべて最高の状態で五輪を迎えたい。いいものを着たい」とコメントしています。果たしてどうなるのでしょうか。

と思ったら、アメリカの水着メーカーが独占禁止法違反の疑いでスピード社を提訴しています。

■関連記事

伊藤華英 スピード社水着は「全然違う。速い」

男子背泳ぎの森田智己(23)は専門外の百メートルバタフライで日本選手権6位に相当する52秒94。「どこがいいとかはよく分からないけれど、すべてが違うんじゃないですか」

「最速水着」 スピード補ったが“品不足”

欧州の工場で1日70着しか生産できないため、まだ国内には十分な数がない状態だ。