野茂ロ軍から戦力外通告、自由契約にという記事より。

春季キャンプにマイナー契約の招待選手として参加し、開幕直後に3年ぶりのメジャー昇格を果たした野茂だったが、中継ぎで好結果を残せなかった。

3年ぶりにロイヤルズでメジャー昇格していた野茂英雄が、戦力外通告されたことが明らかになりました。

3試合で4回3分の一に登板し、防御率は18.69の成績でした。10安打9失点と結果を出すことができませんでした。

トレードの話がなければ、自由契約となるそうです。

通告の時の様子に関してヒルマン監督は「落ち着いていた。(今後の去就については)尋ねなかった」と語っています。

野茂に戦力外通告…現役引退危機によると、野茂英雄にとってはメジャーで5回目の戦力外通告になるそうです。

ひじへの負担を軽減するため“代名詞”であるトルネードを捨てたフォームで復活を目指したが、その後も登板した試合すべてに失点。

自身の代名詞を捨ててまで臨んだメジャーのマウンドでしたが、結果を残すことができませんでしたね‥‥。

独立リーグ、メキシカンリーグ、さらには台湾球界や日本球界復帰も含めて現役復帰の道を探ることになるが、最悪の場合、現役引退となる可能性もある。

メジャー昇格までの3年の道のりも相当だったと思うのですが、ここから再び、メジャーを目指すのでしょうか。それとも?

僕のトルネード戦記 (集英社文庫)

僕のトルネード戦記 (集英社文庫)

NOMOを追いかけて

NOMOを追いかけて

■関連記事

戦力外通告の野茂、トレードなしなら自由契約

ロイヤルズ・ヒルマン監督「残念ながら、野茂の速球は春季キャンプで見せたものではなかった。彼はプロフェッショナルで、チームにいい影響をもたらしてくれ、感謝している。(今後どうするのかは)話さなかった」