来夢16歳最年少代表候補…桜花学園の超大型センターという記事より。

日本バスケットボール協会は5日、女子の北京五輪世界最終予選(6月9~15日、スペイン・マドリード)に向けた日本代表候補17人を発表し、16歳で身長191センチの超大型センター、渡嘉敷来夢(とかしき・らむ、愛知・桜花学園1年)を大抜てきした。

史上最年少となる16歳で、渡嘉敷来夢(とかしき・らむ)が女子バスケの日本代表候補に選ばれました。

ニックネームはもちろん「ラムちゃん」で、お父さんが日本人とアメリカ人のハーフだそうです。

それにしても、中学生で185cmオーバー、高校生になってから190cmオーバーで、現在も身長が伸び続けているのはすごいです。

高さ305センチのゴールリングに届く女子選手は珍しい。

ダンクシュートもできるのでしょうか。

「体の大きい選手は総じて動きが緩慢だが、ラムちゃんの場合はそれを覆す身体能力がある。跳躍力、脚力はズバ抜けている」

将来的には世界に飛び出していく逸材なのでしょうね。

ココに写真入りの記事がありました。

「あと少し欲しいかな。でも体重も(現状の70キロ)増やしたい。筋肉マッチョになりたいです!」

まだ身長を伸ばしたいそうで、夢は広がります。