47歳の一ノ矢が断髪式…元三段目、戦後最年長力士という記事より。

昨年11月の九州場所を最後に戦後最年長の46歳で引退した元三段目一ノ矢の松田哲博さん(47)=鹿児島県出身、高砂部屋=が2日、東京都内のホテルで断髪式を行い、約550人が集まった。

ネタフルでも「現役最年長力士・一ノ矢(46歳)引退へ」ということでお伝えしましたが、47歳を迎えて断髪式が行われています。

この日は引退後に結婚した妻との披露宴も同時に行い、25年目で初めて大銀杏(おおいちょう)を結った。

そうか、大銀杏を結ったことがなかったのですね。「下っ端のお相撲さんにとっては最高の花道。胸に込み上げるものがあるし、これからも相撲を探求していきたい」と感想を語っています。

それにしても46歳まで現役を続けたというのはすごいことですね。

高砂部屋のマネジャーとして働いているそうですが、公式サイトの管理もしているそうなので、部屋にはなくてはならない人ですね。

■関連記事

元三段目、戦後最年長力士 一ノ矢が断髪式

既に高砂部屋のマネジャーとして働いており、横綱朝青龍もはさみを入れた。