無我ワールド・西村が全日本へ電撃移籍という記事より。

無我ワールドの西村修(36)が19日、全日本に電撃移籍した。全日本社長の武藤敬司、一緒に移籍する若手の征矢学とともに会見し、正式入団を発表。

なんとなく「無我ワールド」は西村修の団体のようなイメージもあったのですが、いきなり退団、全日本プロレスに移籍しています。

「試合数が少なく、伝説的選手に教わったことを披露できない」というのが理由です。

無我とは契約上の問題はないが、藤波辰爾社長への説明は一切しておらず「これから問題になるのは覚悟の上」と開き直った。

今後、遺恨も残りそうですね。団体間の抗争に発展するのでしょうか。

「無我ワールド」立ち上げの経緯などは無我ワールド・プロレスリング - Wikipediaでどうぞ。

「無我ワールド」・「無我」の名称は、西村修が商標登録申請している

↑このあたりも気になりますね。

いかレスラー

いかレスラー

■関連記事

西村&征矢 無我から全日入り

西村は「自分の追求するプロレスができるのは全日本。試合数も多く、巡業で全国を回るところがいい」と全日入りの理由を説明した。

無我離脱!西村が全日電撃移籍

「覚悟のうえで、伝統と格式高いプロレスをしたかった。自分の思想が一致し、共鳴できるのは全日本しかなかった」と苦渋の表情を見せた。

3冠王者の健介、西村の参戦歓迎

3冠ヘビー級王者の佐々木健介(41)=健介オフィス=が、西村の参戦を歓迎した。18日に川田利明(43)を破り、初防衛した健介は、この日、埼玉・吉川の道場で一夜明け会見。