「スカイラインクーペ」試乗会の最後は、プロドライバーの運転に同乗します。

Img 8852

鈴鹿サーキットを走る機会はもちろん、プロドライバーのサイドシートに座る機会なんていうのもこの先ないだろうと思っていたので、個人的にはかなり期待していました。

ということで、こちらは動画でどうぞ。

プロドライバーが運転がうまいなんてのは当たり前の話として、やはりサーキットを180kmで限界走行できる「スカイラインクーペ」もかなりのものなのかな、と思いました。

140kmくらいでカーブを曲がったり、ドリフトしたり、さらには180kmまでガンガン加速したり‥‥非日常体験をさせて頂きました。

それでもすごいと思ったのは、車内でヘルメットをつけたまま、普通に会話ができたことです。遮音性能もすごかったです。

降車後、すぐに左腕が筋肉痛になったのは秘密。かなりの力で、ドアの把手を掴んでいたみたいです。

ちなみにスタートからゴールまでの動画の収録時間は‥‥

・中島ひな 18分43秒(3周)
・プロドライバー 6分28秒(2周)

でした。

けっこうテレビでモータースポーツの番組をやっていると、気になって見てしまうようになったんですよね。鈴鹿サーキットが出てこないかな、とか‥‥。

新型スカイラインクーペ先行特別試乗会」のまとめに続く

日産スカイラインクーペ
“新型スカイライン”ブロガー向け発表会レポート(セダン)

■関連エントリー

「新型スカイラインクーペ先行特別試乗会」レポート1
「新型スカイラインクーペ先行特別試乗会」レポート2
「新型スカイラインクーペ先行特別試乗会」レポート3
「新型スカイラインクーペ先行特別試乗会」レポート4
「新型スカイラインクーペ先行特別試乗会」レポート5