高見藤パチンコ借金で現役引退という記事より。

十両高見藤(27=東関)が18日、ギャンブルでの借金を理由に現役を引退した。同日、日本相撲協会に師匠の東関親方(63=元関脇高見山)が都内の東関部屋で緊急記者会見を開き、事実を明かした。

現役の力士が、ギャンブルでの借金を理由に引退したそうです。引退したのは、十両・高見藤で東関部屋の所属でした。

会見で東関親方は「高見藤は私が大嫌いなギャンブルで4カ所の消費者金融や後援者から借金を重ねていた」と語ったそうです。ギャンブルというのはパチンコだったようです。

高見藤は5月30日の名古屋場所番付編成会議で再十両昇進が決まり、再び給与を手にすることを見込んで、1度に4社の消費者金融から借金をしていたという。

パチンコに‥‥そんなに? もしくは積もり積もった借金を返済するためだったのでしょうか。

借金が発覚し高見藤は親方と口論の末「部屋に迷惑を掛けた。もう、相撲を取る気がしません」と言い残し、部屋を飛び出していたということです。

再度、親方と話し合いを持ち「借金は肩代わりしてもいい。もう1度頑張れ」と励まされるも、本人の意志は変わらず、引退ということになったのだとか。

借金は数百万円ということですが、力士を引退して、どうやって返済していくのでしょうか。「関取は若い力士の手本になる存在」と親方。

涙を浮かべながらの会見だったそうで、さぞ無念だったのでしょうね。

師匠激怒!借金苦で高見藤が廃業によれば、十両に戻れば月給約103万円が支給されるそうです。学生横綱にもなった逸材でした。

■関連記事

高見藤が突然の引退 パチンコで借金

高見藤は東洋大4年で学生横綱となり、2004年春場所に幕下15枚目格付け出しでデビューし、ことしの春場所が新十両。名古屋場所(7月8日初日・愛知県体育館)で2場所ぶりの再十両が決まったばかりだった。