辰吉が現役続行へタイに出発という記事より。

元世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級王者の辰吉丈一郎(大阪帝拳)が20日、関西空港からトレーニングのため、タイに出発した。

辰吉丈一郎が実践感覚を取り戻すため、トレーニングのためにタイへ向けて出発したそうです。

辰吉丈一郎“ボクサーの定年”37歳にというエントリーで、今でも10kmのロードワーク、さらには1日1食という生活を続けていることをお伝えしましたが、試合を組んで貰えずにいました。

そのためタイでスパーリングなどを行い、誕生日である5月15日までに戻ってくることを予定しているそうです。

「目的はあくまで世界チャンピオンになること。日本で練習していてもらちがあかないから、アクションを起こした」

なんとか現状を打破したいということでのタイ行きです。タイに行ったからといって状況が変わるかどうか分かりませんが、とにかく現役にこだわり続けている、というとなのでしょうね。

辰吉家―天下無敵の子育て

辰吉家―天下無敵の子育て