東洋ゴム、観光道路「箱根ターンパイク」の命名権を取得という記事より。

東洋ゴム工業は20日、神奈川県小田原市と箱根町、湯河原町を結ぶ約16キロの観光有料道路「箱根ターンパイク」の命名権(ネーミングライツ)を取得

ネーミングライツ、いろいろなところに出てきますねー。最近だとCCレモンホールが記憶に新しいところですが、ライブの告知などで使われるので確かに効果は大きい気がします。

他にも、味の素スタジアム日産スタジアム真駒内セキスイハイムスタジアムフルキャストスタジアム宮城福岡Yahoo!JAPANドームなどネタフルで紹介しているだけでもけっこうあります。

今回はドライブ好きには定番スポットである「箱根ターンパイク」のネーミングライツを東洋ゴムが取得し、「TOYO TIRES ターンパイク」とすることになったそうです。

ターンパイクを保有、運営するオーストラリア系企業から買い取った。契約期間は3月1日からの5年間で、命名権料は非公表。

どのくらいの契約料なのか気になりますね。東洋ゴムとしてはクルマ好きの間で「TOYO TIRES ターンパイク」が広まることで、大きな効果が期待できるのではないでしょうか。