須藤元気が完勝後突然の引退宣言という記事より。

須藤元気(28)が、ページ(米国)に完勝した直後のリング上で、現役引退を表明した。「本日をもって、リング上での戦いを終えたいと思います。本当に素晴らしい格闘技人生でした」。

テレビで見ていたのですが、なんだかさわやかな引退宣言だったような気がします。

28歳という年齢、2005年に山本の蹴りが見えなかったことや身体中に抱える負傷など、本人の中で限界を迎えてしまったということなのでしょうか。

ただ、かなり多彩なようなので、今後の活動にはいろいろと期待を持つファンも多いことでしょう。

須藤元気 - Wikipediaによると、元気という名前は小山ゆうの「がんばれ元気」から取られたものなのだそうです。

今後に関してですが、

一方で地球の環境問題に関心を持ち、引退後は中南米への放浪の旅を夢見ている。「練習は続けます。でも、まずは春にバックパッカーとしてメキシコに旅立ちます」。

ということで、同じような道を歩んでいる中田氏は神出鬼没ですが、須藤元気はバックパッカーとしてメキシコを旅してくるようです。

風の谷のあの人と結婚する方法

僕自身も最近、相手を打ちのめすための戦いには空しさを感じてきた。本当の意味で「戦う」ということは、自分自身に打ち勝つことなのかもしれない。一方に敗者がいては、真の勝利は得られないのではないだろうか。

風の谷のあの人と結婚する方法

幸福論

格闘家・須藤元気が、自らの足で四国88ケ所(お遍路)を巡って感じた様々なことを「幸福」というテーマでまとめた1冊。軽妙な文章の中にも、さらりと真理が隠されており、読みごたえのある内容。四国での風景、仏像、人との触れ合いなどの撮り下ろしカットも印象的。

幸福論