シューV!現役引退を発表という記事より。

最高の舞台での引退表明だった。フェラーリの地元レースを制し、記念の通算90勝目を挙げた直後の会見。満面の笑みを振りまいた表彰台から一転、神妙な表情で胸に秘めてきた思いを吐露した。

今季6勝目、通算90勝目を挙げたミハエル・シューマッハ(フェラーリ)が、今季限りで現役引退することを発表したそうです。

「特別な1日だった。今が適切なタイミングだと思う。これが私にとって最後のモンツァでのレース。そして今季限りでレースから引退することを決めた。とても難しい決断だったが、いずれはその日が来るんだ」

「いずれはその日が来るんだ」確かに。自分の引退を決めるのは難しいことだと思いますが、地元での優勝は、良いきっかけの一つかもしれません。

セナが事故死した94年にベネトンで初の王座に就くと、翌95年にも連続でタイトル獲得。フェラーリ移籍後、00〜04年に前人未到の5連覇を達成した。

セナが亡くなったのがもう10年以上前で、確かにあの頃から、F1にあまり興味のないぼくでもセナとシューマッハの名前は知っていました。

現在、37歳のシューマッハ。本当にお疲れさまでした、という感じです。

■関連記事

優勝のM・シューが引退を発表

通算最多の90勝、68度のポールポジション(PP)獲得など、多くのF1記録を保持している「皇帝」が1991年のF1デビューから16年目のシーズン終了をもって、レース生活に別れを告げることになった。