プロゴルファーの年間経費は1000万円という記事より。

あるシード選手は「稼げるのは一部のトッププロだけ。経費が少なくとも,年間で1000万円前後かかるので,かなり稼がないと生活できない。ケガをしたら終わりだし,ラクな商売じゃないですよ」と明かす。

練習場は必要だし、道具もいるし、ツアーは全国だしで、プロゴルファーになるのも、そしてそれを維持するのもかなりお金がかかるようです。横峰さくらパパは、それでキャンピングカーを購入したんですよね、確か。

野球やサッカーなどのチームスポーツと違い、基本的には全責任を個人で負っているというのがゴルフの厳しさかもしれません。

試合に出る選手は,月曜,もしくは火曜にその会場に移動して練習ラウンドを行なうので,決勝ラウンドまで残ると計5~6泊することになる。その間の宿泊代はもちろん,食事代もすべて自己負担だ。

いやー、知れば知る程お金がかかりますね。それでいて、プロとして稼げるのは一部という。記事の結びは「プロゴルファーの知られざる経費はまだまだあるので,次回に続く」ですって。