さとう宗幸 田尾監督解任に激怒という記事より。

プロ野球の楽天ゴールデンイーグルスを応援してきた仙台市出身のシンガー・ソングライター・さとう宗幸(56)が、田尾安志監督(51)を解任した球団の姿勢に怒りをぶちまけた。

田尾監督が解任され、野村監督が就任するのが濃厚になっている楽天ですが、こうして怒っている人もいます。

淡々と語るスタイルは普段どおりだが、口をつく言葉はとげとげしい。「寄せ集めのチームで、監督も未経験者。ゼロからプラスの方向へ向かっていくチームのはず。だからわが子のように可愛いんです。あまりにも解せない」とさとう。

シーズン前には100敗か、とも言われていた訳ですから、今季の成績は予想できたはず。しかしその責任を取らされるような形で解任された田尾監督に同情する声も多そうです。

いくら名監督を連れてきても、やはり戦力が整わないと勝てないんですよね。そういう場合は、例えば中位を目指すとか、若手を育てるとか、勝つだけではない別の目標を持ったチームの運営が必要なのではないかと思います。

さらに「もう球場には足を運ばないし、年間シートも買わない。イメージソングも歌わない。Mさんには裏切られた気分です」とさとう宗幸氏。楽天にとっては大きなイメージダウンです。

来年、野村監督に変わって成績が良くなったとすれば、フロントの手腕は評価され監督が変わって良かったということになるのでしょうが、さとう宗幸氏のように離れて行ったファンも少なからずいたということですね。