前田と共闘 船木BML参戦示唆という記事より。

現役時代の入場曲だった“キャプチュード”で登場した前田氏は、とんでもないサプライズを用意していた。「来年、自分たちの同志となってやる人物」と紹介したのは船木だった。

新団体「BIG MOUSE LOUD(BML)」の旗揚げ戦で、スーパーバイザーの前田日明氏がリングに船木誠勝氏を呼び、「来年、自分たちの同志となってやる人物」として紹介したそうです。

同志が何を意味するかは言明されませんでしたが、船木氏は「皆さん、自分が再びリングで試合することを望んでますか」と会場に問いかけ。船木コールが起こったとのこと。

実際に8月からトレーニングも開始しているようで、前田氏も「35歳ぐらいに2度目のピークが来るから、復帰させないとね」と期待している様子。

2000年のヒクソン戦で引退している船木氏ですが、果たして復帰はあるのでしょうか? まだ36歳ですから、可能性は十二分にあると思いますが。

「総合格闘家に負けないプロレスラーを誕生させたい」という思いがあるようですが、まずはそれに自分が応えていくのでしょうか。