まるでサンドバック!曙ハワイで惨敗という記事。

全く攻撃ができないままパンチを浴び続け、1R2分52秒に2度目のダウンを喫してTKO負け。

あらら、また曙が負けてしまいました。K-1ルールでは、これで1勝7敗です。崖っぷちというか既に崖から落ちてしまっているというか‥‥。

谷川貞治イベント・プロデューサーは「ファイターの気持ちがなくなっている。K—1ルールのオファーを出すことは、まずない」と三行半(みくだりはん)を突きつけた。

確かに、K-1のリングに立つのは余程のことがないと難しそうです。何より体重を落とさないと厳しいんじゃないでしょうかね。「まるでサンドバック」ってタイトルにもなっちゃってますけど、対戦相手にしてみればやりやすいのではないでしょうか。

8・4両国ではプロレスイベントのW—1GP開幕戦でグレート・ムタと対戦する。曙の生きる道はプロレスしかなくなった。

グレート・ムタと対戦! 正直、K-1の曙よりもそっちの方が見てみたい。

■関連記事

曙が惨敗、休養宣言

勝つという心の部分がない。K−1のオファーはしません。WRESTLE−1に専念です。もっと体重を下げて練習してほしい」と厳しく突き放した。