グレート・サスケ議員が公費流用?という記事より。

岩手県二戸市から自らが取締役を務める「みちのくプロレス」の試合が行われた秋田市までのJR新幹線代計9600円(運賃とグリーン席特急券)を、県議会の政務調査費から支出していた

サスケは「盛岡駅の改修工事の話があり、秋田駅ビルのテナントの入店状況などを参考にするため、試合前に調査をした。誤解を受ける行為だったかもしれないが、やましい支出とは考えていない」と説明しているそうですが、ちょっと苦しい弁明か。

県議会事務局では「誰が見てもおかしいというのなら話は別だが、鉄道に関する調査として領収書を添付しており本人の良識を信じるしかない」と。誤解を受けてしまう時点で、ちょっと浅はかな気もします。

サスケ、政務調査費9600円で試合会場へによれば、

政務調査費は議員の調査研究の経費として、地方自治法で交付が認められ、岩手県議会は1人月額31万円。

ということなのですが、この政務調査費はかなりグレーな部分もあるようで、視察したらレポートとか提出すればいいんですよね。

■関連記事

報道特捜プロジェクト 政務調査費

ある県では、3億円を超す政務調査費もこの紙1枚!領収書なしで認められていた。こんなことは民間の会社では絶対にありえない。

報道特捜プロジェクト 政務調査費

詳しく領収書を調べていくうちに不思議な事実が浮かんだ。2万2千円分の事務用品を購入したというこの領収書。店を訪ねてみた。すると、何とそこは食料品店。事務用品はほとんど扱っていないという。