プロレスラー橋本真也さん急死したそうです。

心肺停止状態で救急車で搬送されたが、間もなく死亡が確認されたという。死因は脳内出血とみられる。

まだ40歳だったそうです。若い、若すぎる。

こんなことはどうでもいいのかもしれませんが、橋本真也に似ていると言われたこともあるので、なんとなく身近に感じているレスラーの一人だったんですよね。プロレスラーは身体を酷使する仕事ですから、若くてもボロボロだったのかもしれません。

合掌。

あゝ! 一軒家プロレス

あゝ! 一軒家プロレス

破壊から始めよう

破壊から始めよう

橋本真也のプロレス大百科

橋本真也のプロレス大百科

■関連記事

プロレスラーの橋本真也氏が死去

橋本さんは1984年に新日本プロレスに入門。その後独立し、2000年11月には新団体「ZERO‐ONE」を設立したが、2004年11月に活動を停止。橋本さんは右肩を手術し、リングから遠ざかっていたが、リハビリをしながら復帰を目指していた。

プロレスラー橋本真也さんが急死、脳内出血か

橋本さんは1984年4月、新日本プロレスに入門。2000年4月に引退したが、ファンの嘆願を受けて復帰。同年11月、新団体「ZERO‐ONE」を設立して独立した。その後、フリーになっていた。

破壊王・橋本急逝…夕方に弁護士が会見

橋本は1965年(昭和40年)7月3日、岐阜県土岐市生まれ。柔道で活躍し、84年4月に新日本プロレスに入門した。同9月1日、後藤達俊戦でデビュー。89年から武藤敬司、蝶野正洋と闘魂三銃士として人気を集めた。