2009-07-11_1708.png

「Google Chrome Blog」で、発表されたばかりの「Google Chrome OS」について寄せられた多くの質問の中から、多かったものがFAQとして公開されています。

FAQとして公開されたのは以下の3つです。

Is Google Chrome OS free?
Yes – Google Chrome OS is an open source project and will be available to use at no cost.

「Google Chrome OS」はオープンソースプロジェクトであり、無料で使用することができる。

What companies is Google working with to support Google Chrome OS?
The Google Chrome OS team is currently working with a number of technology companies to design and build devices that deliver an extraordinary end user experience. Among others, these companies include Acer, Adobe, ASUS, Freescale, Hewlett-Packard, Lenovo, Qualcomm, Texas Instruments, and Toshiba.

「Google Chrome OS」をサポートしている企業は、Acer、Adobe、ASUS、Freescale、Hewlett-Packard、Lenovo、Qualcomm、Texas Instruments、Toshibaなどである。

I'm a developer – how can I work with you?
Thanks for your interest. Later this year, the Google Chrome OS code will be open sourced. We're looking forward to working with the open source community and making our own small contribution to the great work being done out there. Please stay tuned.

開発者が参加するには、2009年後半にも「Google Chrome OS」のコードがオープンソースとなる予定。

■関連記事

Wintel帝国崩壊の第一歩となるか、Google Chrome OSの衝撃

MicrosoftのOSのビジネスモデルは筆者が“税金型”と呼んでいる製品ごとに課金していく仕組みであり、大なり小なり課金が発生することになる。これに対して、Googleの方は“広告型”であり、OSの開発コストはユーザーがWebを見たり、Gmailを使ったりすることにより生じるトラフィックから発生する広告収益でまかなわれる仕組みとなっている。このため、製品ごとには課金が発生せず、製品に載せられるコストはOEMメーカー側で行なうカスタマイズにより発生するコストだけということになる。