Microsoft、高速化したWebブラウザ「IE8」の正式版を公開という記事より。

米Microsoftは18日(現地時間)、Webブラウザ「Internet Explorer 8」(以下IE8)の正式版を、米国東部標準時間の19日12時(日本では20日午前)より提供開始すると発表した。英語版のみならず、日本語版を含む各国語版が公開される。

Microsoftが、3月20日(日本時間)に「Internet Explorer 8」正式版をリリースをすることを発表しています。

「HTMLパーサーやCSSルールプロセッシングなどの性能を向上させて」表示速度を高速化させているということで、

世界でもっとも人気のあるトップ25のWebサイトのうち12サイトにおいて、ほかのWebブラウザより高速に表示できた

とアピールしています。製品ページはコチラです。

2009-03-19_2325.png

ビデオによるデモもあります(英語)。

■関連記事

「Internet Explorer 8」正式版が3月20日に公開

米MicrosoftでWindows製品マネージメントグループビジネス戦略担当シニアプロダクトマネージャーを務めるライアン・サーバティウス氏は、IE8の特徴を「速さ」「便利さ」「安心」の3点にあると説明。