Trident、Gecko、WebKitの3大レンダリングエンジンに対応したウェブブラウザ「Lunascap5.0」のrc版がリリースされました。

2009-01-27_1242.png

次のような改善が行われているということです。

1. Geckoエンジンのバージョンを1.9.2α1に更新
2. CPU使用率の低減を行い、安定化を向上
3. 30以上の不具合修正・新機能追加などに対応

Geckoエンジンがバージョンアップし、JavaScriptの実行速度がさらに高速になっています。

banchmark_cpu.JPG

サイト閲覧中のCPU使用率が低減しています。

banchmark_javascript.JPG

ウェブクリエイター向けのウェブブラウザとして、

WebKitの表示は、ChromeやSafariとほぼ同様の表示を実現しており、Webクリエイターの方が、サイト表示チェックを行う際、複数のブラウザを使わずとも、IE(Trident)、Firefox(Gecko)、Chrome・Safari(WebKit)をLunascape5.0 rcひとつで確認することができます。

ということもアピールしています。