「Google Chrome」が正式版にという記事より。

米Googleは11日、同社の独自開発ブラウザ「Google Chrome」の正式版を公開したと発表した。Windows Vista/XP SP2に対応しており、同社サイトから無料でダウンロードできる。

2008年09月にリリースされた「Google Chrome」が、幾度かのアップデートを経てついに正式版になりました。

処理速度の面でも、JavaScriptの実行速度が大きく向上したとしている。初めて公開されたベータ版と比べて、SunSpiderベンチマークで1.4倍、V8ベンチマークで1.5倍の速度で動作するとしている。

スピードが増し、安定度も向上しているそうです。

ダウンロードはコチラから。引き続きWindows Vista/XP SP2用のみで、Mac OS版、Linux版は開発中とのことです。

■関連エントリー

Googleのウェブブラウザ「Google Chrome」ダウンロード可能に!
「Google Chrome」のアクセス数を表示するブログパーツ「Chrome Counter」
「Google Chrome」リリース後1ヶ月のシェアは2.7%(ネタフルの場合)
「Google Chrome」シェアは3.3%(ネタフルの場合)
「Google Chrome」1日でシェア1%獲得
「Google Chrome」をMacで動かす「CrossOver Chromium」
チョロメ=Google Chrome