ソースネクスト、PCソフトをUSBメモリに入れて販売する「Uメモ」という記事より。

ソースネクストは27日、PCソフトをUSBメモリに収録して販売する「Uメモ」戦略を発表した。第1弾として、主力製品7タイトルをCD-ROM版と同じ価格で9月5日に発売する。

USBメモリの価格も著しく値下がりして久しいですが、ソースネクストがソフトをUSBメモリで販売する「Uメモ」という戦略を発表しています。

最近はCDドライブやDVDドライブがないミニノートのような製品も売れていますから、USBメモリでソフトを販売するのは理にかなっているように思います。

USBメモリ版のメリットとして、「USB端子を搭載したPCの普及率がほぼ100%である」「インストール後は記録メディアとして使える」「インストールが速く、静音である」ことなどを説明。

確かに高速で静かというのは良いですね。シュイーンて回転するのを待つ必要がありませんからね。

今は1GBですけど、すぐに2GBになったりするんでしょうねぇ。それで複数のソフトがパックになったりして。

ソースネクスト 携快電話ZERO USBメモリ版

ソースネクスト 携快電話ZERO USBメモリ版

ソースネクスト 携快電話ZERO USBメモリ版

ソースネクスト 携快電話ZERO USBメモリ版

ソースネクスト 驚速 for Windows XP USBメモリ版

ソースネクスト 驚速 for Windows XP USBメモリ版

ソースネクスト 筆王ZERO (2009年パッケージ) USBメモリ版

ソースネクスト 筆王ZERO (2009年パッケージ) USBメモリ版

いきなりPDF Platinum 特別版 USBメモリ版

いきなりPDF Platinum 特別版 USBメモリ版

ソースネクスト ホームページZERO USBメモリ版

ソースネクスト ホームページZERO USBメモリ版

ウイルスセキュリティZERO (3台まで使える新パッケージ版) USBメモリ版

ウイルスセキュリティZERO (3台まで使える新パッケージ版) USBメモリ版

ソースネクスト 驚速 for Windows Vista USBメモリ版

ソースネクスト 驚速 for Windows Vista USBメモリ版

■関連記事

ソースネクスト、USBメモリでソフト販売 CD-ROMは廃止へ

「2013年には、出荷されるノートPCのうち、光ディスクドライブを搭載しないタイプが25%を占めるといった予測もある。中長期的に見たとき、ソフトの販売メディアをUSBメモリに変更することが、当社にとってプラスになる」

ソースネクストが「Uメモ」戦略で越えなくてはならない課題

松田社長は、調達コストの大きな差を認めながらも、「仮に、1本あたりの粗利率に10%以上の開きがあったとしても、売り上げが20%増加すれば、これを相殺できる」と語る。