フェンリルが、ブラウザの外観をフルカスタマイズできる「Sleipnir 2.8」をリリースしています。

2008-07-31_1458.png

今でこそMacオンリーで、エミュレータ環境も起動しなくなったので「Sleipnir」を使うこともなくなったのですが、Windowsも使っていた頃は「Sleipnir」ラブでした。

どのくらいラブかというと「Sleipnir」を使いたいがために「Parallels」を起動していた程なのです(その後、Safariがバージョンアップで進化したので現在に至る)。

今回、リリースされた「Sleipnir 2.8」の特徴は、

・フレーム部分のデザイン変更を可能にするフレームスキン機能
・デザイナーとコラボレーションした「Siro」「Kuro」スキン

だそうです。

2008-07-31_1501.png

シンプルでかっこ良いですね。

他にも「ユーザーからの要望に応える機能追加・仕様変更」が行われているそうですので、詳しくはプレスリリースでご確認ください。

Sleipnir 2.8」のダウンロードはコチラから。