パブリックチャットやプラグイン機能を搭載した「Skype 3.0」正式版という記事より。

Skype Technologiesは13日、11月にベータ版提供を開始した「Skype for Windows 3.0(以下、Skype 3.0)」の正式版を公開した。

Windows版のSkypeは、早くも「Skype 3.0」がリリースされたそうです。

Skype 3.0では、タブやチャットメニューバーなどインターフェイスを改良するとともに、背景を変更できる壁紙機能を実装した。

見た目が変わっているのですね。

リンクのクリックでチャットに参加できる「パブリックチャット」機能が新たに追加された

これはブログにURLを埋め込んだりできる機能ですよね。誰かに教えるのに便利そう。

■関連記事

Skype岩田氏がSkypeの現状や最新バージョン「3.0」を紹介

SkypeとOutlookの連携機能、コンタクトリストを使ったホワイトボードの共有機能や、ブラウザなど任意のアプリケーションを相手のPCで表示できるプラグインなどを紹介した。

「Skype 3.0 for Windows」正式リリース

Public Chatでは、複数のユーザーが会話することができる。Skypeユーザーなら誰でもチャットに参加して、同じ関心を持つ人々と出会えるという。