マイクロソフト、「Internet Explorer 7」日本語版を正式公開という記事より。

マイクロソフトは2日、「Internet Explorer 7(IE7)」日本語版の正式提供を開始した。

英語版の「Internet Explorer 7」正式リリースに続き、日本語版もリリースされたそうです。

マイクロソフトのWebサイトからダウンロードが可能なほか、2007年4月をめどにWindows UpdateおよびMicrosoft Updateで優先度の高い更新として公開。

自動更新で配布されるようになると、利用者が飛躍的に増えていくのでしょうね。それまではIE 6、IE 7が共存していくのですから、ウェブ制作の現場はなかなか大変なことになるのでしょうか。

自動更新されるようになってから、IE 7のシェアがどういう風に増えていくのか興味深いところでもあります。何しろ5年ぶりのメジャーアップデートですからね。

■関連記事

マイクロソフト、Internet Explorer 7日本語版を公開

なお、同ブラウザは次期OSである「Windows Vista」に標準搭載される。